皮膚疾患の一種である|しつこい水虫は病院へ

医者と看護師

白癬菌の繁殖を止める方法

カウンセリング

爪水虫の治療は、長期的に徐々に時間をかけて行っていくことが大切であると言えます。皮膚科を受診し薬を処方してもらうことも大切ですが、自宅で出来るケアとしては5本指の靴下を履くことも大切であると言えます。

もっと知ろう

爪の異常を感じたら

笑う女の人

爪が分厚くなる・色が濁るなどの症状が見られた場合には、爪水虫である可能性があります。市販薬を使用するよりも、皮膚科を受診することが大切です。治療には時間がかかりますが、根気強く継続するようにしましょう。

もっと知ろう

爪にできる病気

カルテ

爪水虫とは、白癬菌が原因で起こる病気です。また、放置しておくと悪化してしまい、いろいろな部分に移ってしまうこともあるので注意が必要です。少しでも異変を感じたらすぐに病院に行くようにすると良いでしょう。

もっと知ろう

皮膚疾患を治療するには

足と手

効果的な外用薬があります

水虫は有史以来存在が知られている非常に一般的な皮膚疾患ですが、皮膚内部から病原菌の効率の良い排除が難しいことに特徴がありました。そのため、症状の抑制や改善はできても治療が難しかったのですが、近年は薬学的研究が進展したことで水虫菌に効率良く作用する外用薬が開発されています。特に、浸透力の高い外用薬は使用頻度が少なくても効果が高くて、使いやすいことに人気があります。

植物のように根を張ります

皮膚疾患が皮膚上に定着する方法は発症要因に応じて多岐に亘りますが、水虫は皮膚上に付着した菌が時間経過と共に菌糸を皮膚内部に伸ばして根を張り続けて増殖します。その影響で皮膚は炎症を起こして水ぶくれが生じることが、水虫という名称の由来になっています。病原菌本体は古くから地球上に生息していたことが判明していますが、日本で罹患者が増加して広く認識されるようになった時期は明治時代以降です。高温多湿の環境で拡大しやすいのですが、明治以前の日本では靴を履く習慣がなくて開放的な衣類や住居が多かったので罹患者は極めて少ない傾向が続いていました。医学的には白癬菌が正式な名称で、足等の湿度の高い部位だけではなく全身に罹患する恐れがあります。水虫に悩まされている方は、皮膚科のある病院まで診断に行くことが大切です。皮膚科の医師たちは、このような皮膚のトラブルを対処する専門家なので、診断してもらうことで水虫になった原因や対処法を伝えてもらうことができます。また、症状には個人差があるので、自分に合った対処法をとってくれるでしょう。